ふとんをクリーニングに出す時に、注意する点は?

側地の破れやほつれの有無と場所、シミがあれば何のシミであるかをできるだけ詳しく診断書にご記入ください。 特に血液などタンパク質のシミは、乾燥などで熱を加えると変質してしまい、取りにくくなりますので、ご注意ください。 そのほか中わた、側地の素材はもちろん、使用年数もお知らせいただけたら、より適切な扱いができるでしょう。 なお、仕上がったふとんが届いたら、早めに包装袋から出し、風を通してから収納してください。

血液がついた時の対処法

その部分をつまんで水でよく洗い流し、乾いたタオルなどで水分を除去した後に、乾かすとよいでしょう。

ふとん洗いのすすめ

写真左は、約3年間使用した綿の敷きふとんで、一度もクリーニングはしていません。 一見してぺしゃんこになっているのは分かりますが、問題は内部です。 表面的に目立った汚れはなくても、中には相当数のダニが潜んでいるのです。 写真右の丸洗い後のふとんは、ダニが綺麗に除去されているほか、中わたまでしっかりと洗い、 温風乾燥させてあるため、清潔な上にポカポカ、ふんわりの快適ふとんに生まれ変わっています。

豆知識 ~代表的なおふとんの詰め物の特徴~

綿(めん)ふとんの特徴
吸湿性・保湿性に優れ、日本の気候風土に合っています。 復元力に富んでいるため弾力が回復しやすいのですが、重くて取り扱いが大変な上に、 乾燥しにくいため、頻繁に日干しする必要があります。


羊毛ふとんの特徴
天然のスプリングと呼ばれる弾力性をもつ素材ですが、湿気が多くたまると弾力性が落ちてきます。 また羊毛を食する害虫もいますので、常にきれいにしておきたいものです。


羽毛ふとんの特徴
軽くて保温効果に優れています。 その性質上、側生地から羽毛が出てきたり、羽毛がかたよったり、長年使っているとへたったりする場合があります。

よくある質問の一覧に戻る