プロスタッフ紹介

ザブザブは1985年、まだ布団を洗う習慣が無かった時代に、寝具メーカーのアフターサービス部門としてスタートしました。 当時、布団を洗う機械も洗剤も世の中には無く、ゼロからの研究開発で苦労もあったのですが、そのおかげで、ザブザブには布団クリーニングのプロが揃っています。

ふとんのプロ
pro_001ふとんをきれいに洗うためには、ふとんのことを良く知っている必要があります。ザブザブは1年間に20万枚もの、さまざまなふとんを洗っている実績があります。この経験は年々積み上げられ、スタッフ全員で共有しています。「ザブザブの仕上りは他社と違う」と高評価をいただくのは、この結果だと思います。

洗いのプロ
pro_002ザブザブでは、ふとんの中わたの種類や、汚れ具合、汚れの種類によって洗い方を変えています。ふとんは水で洗うことを前提に作られていない製品が多いので、柔らかさや風合いを保ちながらもキレイに洗うのは、実はとても難しいんです。洗浄~乾燥工程では100種類を超えるプログラムの中から最適な方法を選んでいます。

風合いのプロ
pro_003布団クリーニングを早く仕上げるために、高温で一気に乾燥されるところもあるようですが、それではふとん本来の風合いを損ねてしまいます。また、生地も傷み結果的に布団の寿命を縮めかねません。ザブザブの洗浄~乾燥工程には100種類を超えるプログラムがあり、その中から最適な方法を選んで、やさしく丁寧に洗っています。

シミ抜きのプロ
pro_004あえて言いますが、染み抜きするのは簡単です。でも、そのために強い薬品を使うと生地を傷めてしまい布団の寿命まで短くなってしまいます。シミの種類や経過状態、生地の素材を考えながら薬品を調節して染み抜きを行っています。でも、染みがついたら、できるだけ早めにザブザブにお任せくださいね。

洗剤のプロ
pro_005ザブザブでは、生地にダメージを与えない、より良い洗剤を研究し専門業者との協力によるザブザブだけのオリジナル洗剤を使用しております。中綿の汚れをどれだけ落とせるのか、環境への影響は大丈夫か、アレルギーの問題は無いかを常に研究し、より良い洗剤の開発を続けています。

仕上げのプロ
pro_006洗い上がったすべてのおふとんを目で確認し、お客様のお手元に届けられたときに、ご満足いただける仕上りになっているかかどうかをチェックしています。お客様にご納得いただけないと判断した場合は、もういちど洗浄からやり直し、再乾燥へと工程を戻します。 「ザブザブなら安心ね」という評価を一人でも多くの方に!

環境のプロ
pro_007布団をキレイに洗って永くお使いいただくことは、結果的にCO2削減にもつながるという考えのもと、ザブザブはチームマイナス6%に参加しております。排水についても、豊富な水量を誇る天竜川をきれいに保つため、地元の天竜川漁協、市町村の排水基準を満たすよう、水質を常にチェックしています。

ザブザブを初めてご利用される方はお試しコースがお得ですを