本掛けと肌掛けが一体化する(ボタン等で)おふとんの枚数はどのように扱われますか?

このようなおふとんは、掛けふとん×1枚、肌掛けふとん×1枚の計2枚として扱わせていただきます。それぞれを別々にきっちりとお洗濯しますのでそのようにカウントさせていただきますこと、ご理解くださいませ。